2022.11.1 tue-11.13 sun |やがて海に辿りつく 宮澤純子

更新日:10月31日


通学路の防火水槽を眺めながら

どうして自分は他の誰にもなれなくて

自分は自分なんだろう

って考えたけれど

澱む水は答えをくれなかった。

ある日生まれてしまった私たちは

生きものとして旅をしている。

食べ、渡り、眠り、

朝が来る

繰り返し繰り返し

流れて流されていく

そうして広い海に出る。

いつか わかりたいことが

すとん、とわかる

そう信じている。

……….……….

宮澤純子 略歴

1988年 長野生まれ

15歳から独学で写真を撮り始める

2011年 monogram写真表現クラス修了

展示歴

2013年 触れたのかも しれない(monogram / 東京)

2021年 小さな神さまのいる方へ(Inherit Gallery / 東京)

2022年 小さな神さまのいる方へ(gallery solaris / 大阪)


作家在廊日: 11/6(日)、11/7(月)、11/12(土)、11/13(日)



最新記事

すべて表示

2022. 11.15-27 「閃々」kumi 12.3-11 「 emotional journey 」安西可奈 12.13-27 「MEMORANDUM」赤木遥 2023. 1月 「    」Taku Kirikae 2.17-26 「感覚だけを残して」マツオカ ヒロタカ 3月前半 「タクシープールの果てで僕は」アオキユウタ 3.13-3.26 「 乙女グラフィー」 山本春花