2022.9.27 tue - 10.10 mon |"Do Black & White Photographs Dream of Color Photographs?"

更新日:10月15日

Photographs by SPACE GALAXY DARKROOMERS




Space Galaxy Darkroomers 展

「Do Black & White Photographs Dream of Color Photographs?」

協力:Gallery&Darkroom LimeLight / Gallery Solaris


「Space Galaxy Darkroomers」は、兒嶌秀憲と橋本大和の二人によるユニットです。

兒嶌はモノクロ暗室で、橋本はカラー暗室での手焼きプリントにてそれぞれ自身の

作品制作を行なっていることから、2016年に暗室写真ユニットを結成し、活動して

まいりました。

今年6月に大阪(Gallery Solaris)で開催した写真展の巡回となる本展では、兒嶌

が撮影したモノクロフィルムを橋本が預かり、そのイメージから受けたインスピ レーションを元に橋本が暗室で色を重ねプリントした、共同作品15点を展示いたし

ます。

・SPACE GALAXY DARKROOMERS 展歴

2016 「back to back」(GALLERY SOLARIS)

2016 「back to basics」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2017 「ハンマーを持つ者にはすべてが釘に見える」(GALLERY SOLARIS)

2017 「写真に写っているものがすべてです」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2018 「Allesson et Bokesson」(GALLERY SOLARIS)

2018 「DON’T STOP THE FLASH LIGHT」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2019 「SPACE GALAXY DARKROOMERS の夢は夜ひらく」(GALLERY SOLARIS)

2019 「KOJIMA, HASHIMOTO and YOU」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2020 「NOW FUTURE」(GALLERY SOLARIS)

2020 「NO TEACHER」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2021 「CITY NIGHTS」(GALLERY SOLARIS)

2021 「After all, what a dream!」(GALLERY&DARKROOM LimeLight)

2022 「Do Black & White Photographs Dream of Color Photographs?」(GALLERY

SOLARIS)

・兒嶌秀憲 略歴

大阪生まれ。ビジュアルアーツ専門学校大阪 夜間部卒。2009年、Gallery&Darkroom

LimeLight(帝塚山)をオープン。個展、グループ展多数。

・橋本大和 略歴

大阪生まれ。大阪芸術大学芸術学部研究生 修了。2008年、littlemore BCCKS第一回 写真集公募展

審査員賞受賞(瀧本幹也 選)。作家活動・ギャラリー勤務を経て、 2015年にGallery

Solarisをオープン。個展、グループ展多数。


トークイベント 2022.10.10 mon(祝) 17:00-19:00 定員15名ほど 参加費無料 「暗室の話」 橋本大和(Space Galaxy Darkroomers)×湯地信愛(.LAB RAINROOTS)

暗室作業の頭の中の違いやもしかしてまたトング抗争も...そしてその場に居る人からの質問などにも反応していく時間にしたいと思います。


予約方法はinstagramのDMでお願いします。