top of page

シネフィルムの現像について

シネフィルムの現像について


お問い合わせが増えてきているのでここで書きます。


最近は写真用フイルムを手に入れることがなかなか難しくなり、映画用のシネフィルムを詰め替えて販売しているところが特に海外でも多くなってきました。


シネフィルムは通常の店舗の現像機に流せないものが多く、せっかく撮ったがどこでも現像できないと断れるケースが多発しているらしく、うちにたどり着く方が多いようです。特に海外で購入された方などが多いです。


.LABでは手作業で現像からプリントまで全ての作業を行なっており、KodakのVISION3というシネフィルムを使ってPBfilmをプロダクトしています。 (PBについては話すと長くなるので省きます)


ですのでシネフィルムの現像に関しては受付可能ですがPBフイルムの独自のレシピでの現像になり、ECN2処理の現像は行なっておりません。


現像の価格は色々と場合により個々に対応していましたがこの投稿以降のお問い合わせから1本1000円とさせてください。


現像のみでも可能ですし、現像+ベタ焼きのセット、現像+お任せプリントなど選べるメニューは通常どおりです。


遠方の方はホームページのshopよりご希望のメニューをお選びいただけます。差額は後ほど請求させていただきます。


フイルムの郵送方法についてはホームページの郵送プリントのページをご覧ください。


また、.LABは現像やプリントなど全ての作業をできるだけ機械に頼らず人の手に戻したい、光で写真を焼きたいという気持ちでやり続けているので残念ながらフイルムのスキャン、データ化は行っておりません。

データ化される際はご自分もしくは他店でお願いいたします。(ちなみにプリントをスキャンするデータ化は可。ほぼ裏メニュー化していますが、、)


現像のみのメニューに非推奨と書いてあるのも

プリントという形がフイルム写真の最上だと思っているからです。

ですがそれはこちらの想いですのでもちろん現像のみでも受付はできます◎


最近お問い合わせが多い項目についてざっと書いてみました。


シネフィルムについてはそんな感じです!





Comentários


bottom of page